堀内 良 インタビュー

堀内 良

Ryo Horiuchi

堀内 良 弁護士プロフィール

よつば総合法律事務所へ入所する前はどのような仕事をしていましたか。
同一県内の事務所にて主に離婚に関する事件を取り扱っておりました。
調停をやりすぎるくらいやっており、書記官が事務所に連絡するよりも調停の待合室にいる私を直接つかまえて事務連絡をしてくるようになっていました。
転職理由を教えてください。
よつば総合法律事務所のことはもともと知っており、同期の弁護士が多く在籍していましたので、話を聞く機会が多くありました。「自分に何かあったら依頼したい事務所」と(勝手に)思っておりました。
特定の業務に多く従事し弁護士の経験を積む中で向上心を持ち続けることが難しくなっていた最中、思わずお声がけいただきました。
現在の仕事内容を教えてください。
これまで重点的に取り扱っていた分野に加え、企業法務、債務整理といった案件にも携わっています。
新しい分野や知識に触れる機会も多く、弁護士なりたての頃独特の高揚感と緊張感を思い出しています。
弁護士業務におけるやりがいについて教えてください。
法律家目線で見て良い内容の解決ができたとしても、依頼者目線では必ずしもそうではないことがあります。きちんと依頼者とコミュニケーションをとりながら、双方の目線が合致して良い解決ができたときには、弁護士として存在価値を感じることができます。
このような良い解決は一筋縄ではいきませんので、弁護士でいるとずっと悩み続けると思います。
よつば総合法律事務所の魅力を教えてください。
所内の情報共有の質、量、スピードに圧倒されています。
ひとりでは掴み切れない最新の情報や、各弁護士が経験したノウハウの共有には日々助けられています。
そのような情報共有が可能なのは、皆明るくフラットな関係であることに尽きます。魅力の根幹はそこにあります。
入所前と入所後でよつば総合法律事務所の印象が変わった点はありますか。
入所初日に自席にディスプレイが3台用意されているのを見て、とんでもないところに来てしまった・・・と思いましたが、それ以上に自由すぎることに驚きました。自由すぎるというのは誤解を招く言い方かもしれませんが、想像以上に縛りがなく、各々が虚心に弁護士業務に打ち込める環境になっていました。
また、大きい法律事務所にもかかわらず一体感があり、色々なシステムも非常に合理的で、目から鱗が落ちる毎日でした。
業務分野・専門分野について悩んでいる修習生に伝えたいことはありますか。
実際に何件も事件に携わり、時間をかけてみなければわからないと考えている方も少なくないと思います。
私自身や私以外の弁護士をみましても、まずは目の前のことに取り組みながら経験を積み、ふと気がついたら今の自分になっていたという人は少なくありません。
目の前の色々な機会を大切にしていただきながら、むしろ紆余曲折を楽しむくらいで良いかもしれません。
今後の目標を教えてください。
よつば総合法律事務所は、各弁護士がそれぞれ強みとなる分野を持っています。
私自身の強みや持ち味を構築しながら、知識や人脈を共有できるようにしたいと考えています。
具体的には、新たな資格取得に向け勉強中です。所内でまだ持っている方がいない資格なので何とか取得したいですが、なかなか難しいですね。
よつば総合法律事務所へ弁護士として応募を考えている弁護士へ向けてのメッセージをお願いします。
弁護士に限らない仕事一般論になりますが、個人としても組織としても、各々が実力を最大限に発揮することができる環境で仕事をおこなえることが望ましいです。ただでさえ弁護士業務には大きな責任やプレッシャーが伴いますので、変なところにストレスを感じず、虚心に弁護士業務に注力できる最良の環境といえると思います。
また、所員は広い視野を持って勉強に励んでいる方ばかりで、非常に刺激になります。
機会がございましたら、ぜひ事務所をご覧になっていただき、所員と話をしていただけますと幸いです。
私も微力ではありますが、皆さまのお力になりながら一緒に業務に励んでいきたいと思います。