債務整理

債務整理の取り扱い分野

破産

破産

破産法に定められた手続きにより、原則として借入の全てをゼロにすることです。個人の破産手続き(自己破産)のほか、法人破産の破産手続きにつきましても対応いたします。

個人再生

個人再生

民事再生法に定められた手続きにより、借入の元本を大幅に圧縮して、返済していくことです。住宅を維持したい、職業上破産は出来ないといった方には再生がお勧めです。

任意整理

任意整理

債権者との交渉により、返済の計画をリスケジュールします。経済的再生のために利息や遅延損害金をカットしてもらうよう交渉します。過去に支払いすぎた利息がある場合には過払い金返還を請求します。

債務整理でお悩みの方へ

あなたの経済的再生を応援します!

借金の返済が困難となった場合、破産、個人再生、任意整理、といった制度により月々の返済を減額、あるいは免除することが出来ます。「今月の支払が苦しい」「債権者からの督促が多くて困っている」といったお悩みを抱えている方、是非よつば総合法律事務所にご相談ください。当事務所の弁護士、スタッフが全力であなたの経済的再生をお手伝いします。一緒に平穏な日常を取り戻しましょう。

よつばで企業法務を依頼するメリット

メリット1督促が止まります
債権者からの督促が止まります
弁護士に委任し、その旨を債権者に伝えることで債権者からの督促が止まります。債権者との連絡はすべて弁護士が行います。
メリット2債務整理のプロ
債務整理のプロが最善の方法をご提案します
よつば総合法律事務所では多数の債務整理案件の取り扱い実績があります。債務整理にはいくつか方法があり、その方一人一人に合ったオーダーメイドの計画を立てていく必要があります。どんなことでも結構ですので、あなたの希望を教えて下さい。債務整理のプロが最善の方法をご提案します。
メリット3過払金調査無料
過払金の調査も無料
借入の中には、違法な利率により払い過ぎた金利、いわゆる過払金を取り戻せる可能性があります。債務整理の案件をご相談、ご依頼いただいた場合、過払金の調査も無料で行っていますので、お気軽に申し付けて下さい。

債務整理 解決事例

自己破産手続により差押がストップした事例

依頼者(債権者4社、総額200万円)は、ある債権者から訴訟を提起され、給料が差し押さえられていました。毎月5万円以上の金額を給料から差し押さえられ、依頼者の生活は逼迫し、途方に暮れていました。そこで、早期に差押を止めるためご依頼を受けてから1カ月弱で自己破産を申し立てました。併せて差押を中止するための命令を裁判所に出してもらって、これを中止したのでした。ご依頼を受けてから半年後、破産手続きが終了して、依頼者の借入は全てゼロになり、差押も取り消されました。依頼者の方は穏やかな日常を取り戻しました。

個人再生手続きにより住宅を維持した事例

依頼者(債権者10社、総額1000万円)は、毎月約15万円の返済の他、住宅ローンを10万円支払っていました。しかし、自身の収入から返済していくことが困難となり、借り入れによって返済を行い、借入総額だけが増える、いわゆる自転車操業の状態で当事務所に相談に来ました。依頼者は、小学生のお子様がおり、何とか住宅だけは維持したいという希望がありました。
そこで当事務所が代理して、裁判所に個人再生手続きの申し立てを行いました。
結果として、依頼者の住宅ローン以外の借入は総額約200万円に圧縮され、3年間、毎月5万円を払っていく内容で裁判所から認可がされました。また住宅にも同じように住み続けることができました。
依頼者の方は3年間欠かすことなく支払いを完了し、現在も同じ住宅で仲睦まじく生活していらっしゃいます。

任意整理により債権者の督促を止めた事例

依頼者(債権者2社、総額100万円、毎月の支払計3万円)は、1か月~2か月支払いが滞り、督促の電話が止まない、自宅に債権者が訪問してくるといった悩みを抱えて相談にいらっしゃいました。
そこで、相談をお受けしたその日に債権者に弁護士から連絡をし、督促を止めることが出来ました。また、依頼者は過払金があることが発覚し、これによって借入の残高が約40万円減りました。
そして、弁護士が交渉して月々計1万円ずつ支払っていく内容で各債権者と和解をしました。
依頼者の方は、現在も毎月1万円を支払いながら穏やかに生活をしています。

ご依頼者さまの声

A氏
本当にありがとうございました。自分の過去の失敗を受け入れて頂き、親身になって相談をさせてもらい、涙が出る状況でした。今後も私みたいな人間を助けてあげて下さい。現在はお陰様で元気よく仕事を続けられて楽しく過ごしております。
B氏
多重債務で途方に暮れていたところ、親身な対応で今では完済し、仕事にも家庭的にも前向きに生きていけます。
C氏
みなさんの体験談の通り、費用についても分かりやすく説明してくださいましたし、親身に対応していただき、相談してよかったなと思っております。昔のことを掘り返すのはどうなのかと自分の中で迷っていましたが、想像していた以上に過払金が返還されて、結果に対しても大満足いたしました。本当にありがとうございました。

費用について

分割払い による対応も可能
自己破産の弁護士報酬
申立費用併せて313,000円(税込)です。(管財事件を除く)
個人再生の弁護士報酬
申立費用併せて428,000円(税込)です。(住宅資金特別条項付以外の場合)
任意整理
1社あたり39,000円(税込)です。

債務整理に関する弁護士費用へ

債務整理Q&A

Q1.それぞれ手続きにどれくらい時間がかかりますか?
A1 ケースにもよりますが、ご依頼をいただいてから、破産は6か月前後、再生は10か月前後、任意整理は4か月程度の期間を要することが一般的です。過払い金返還請求の場合には相手業者の対応によってかかる期間が変わってきます。
Q2.完済した業者に対しても過払い金返還請求は可能ですか?
A2 可能です。完済してから10年以内であれば、過払い金返還請求は可能です。完済してから10年以上経過してしまうと、時効と言って請求ができなくなってしまいますので、早めに請求をした方がよいです。
Q3.裁判所から書類が届いたのですが無視をしていいですか?
A3 裁判所から書類が届いた場合、無視はしないでください。書類を放置すると債権者の一方的な言い分を元にした判決が出てしまいます。また、判決が出ると、これをもとにあなたの財産(不動産、預貯金、給料等)を差押えることが可能となってしまいます。
裁判所から郵送で届いた資料の中には、通常答弁書の書き方という書類が入っていますので、その書類を元にして答弁書を作成するのがいいでしょう。また、裁判所から届いた書類の中には、裁判日時が書いてあります。裁判日時に裁判所に行った場合、通常は裁判官から話し合いの勧告をされます。そこで借金の支払予定について貸金業者と合意ができれば裁判は話し合いで終了します。ご自身で対応が難しい場合には必ず弁護士に一度相談して下さい。