専門分野の確立

「弁護士として専門分野を持つことが重要である」

弁護士の専門性強化に反対をする弁護士はいないと思います。当事務所でも弁護士が専門性を持つことを進めています。

他方、専門性を持ちたいとしても、自分にはどのような分野があっているのだろうと思われる方も多いと思います。

当事務所では、交通事故、企業法務、相続などのチーム制をとっていますが、複数のチームに所属をすることが可能です。最初は先輩弁護士の指導の下で様々な案件に関与し、その後、自分が専門性を強化したい分野の案件に多く関与していくことが可能です。

また、現在はチームとなっていない分野においても多くの分野において既に専門性を有する弁護士が当事務所にはいます。そのため、皆様が専門性を高めて行くことにより新たな専門チームを増やしていくことも可能です。