研修・教育体制の充実

当事務所の研修・教育体制は、所内の勉強会・研修を通じての知識・経験の習得、個別の案件を通じての先輩弁護士による指導など充実した体制となっています。

所内の勉強会・研修を通じての知識・経験の習得

  • 企業法務分野、交通事故分野などチーム制を採用し、最新の事例を共有するなどの定期的な勉強会を開催しています。本には載っていない役に立つ実務の知識・経験を得ることができます。
  • 整形外科医を招いての勉強会を定期的に開催しています。医学知識・後遺障害に関する知識・経験を得ることができます。
  • 月3回全弁護士参加の弁護士ランチミーティングがあります。複数の弁護士の意見を聞きたい場合などはランチミーティングの機会を利用して聞くことができます。
  • 弁護士向けの所内報「日本一の法律事務所への道」を発行しています。書籍に掲載されていないような法律・実務のノウハウや弁護士として知っておいた方がよい事項を代表弁護士等が執筆しています。

個別の案件を通じての知識の習得

  • 新人弁護士の場合、単独で事件を担当するのではなく、先輩弁護士と一緒に案件を担当します。一定期間経過後に個別で案件ができるようになった段階で、1人で案件を担当することになります。
  • 個別の案件で相談をしたい場合、各分野に精通した弁護士が在籍していますので、気軽に各弁護士に声をかけて相談をすることができます。

その他知識・経験の習得

  • 税理士登録、社会保険労務士登録をしている弁護士がいますので、税務・労務について相談をすることができます。
  • 宅地建物取引士登録をしている弁護士がいますので、不動産分野について相談をすることができます。
  • 裁判所書記官経験のある弁護士がいますので、裁判所の実務について相談をすることができます。
  • 提携している弁理士・税理士・司法書士・社会保険労務士その他の専門家がいますので、色々な分野について気楽に相談をすることができます。
  • 事務所外への勉強会への参加を推奨していますので、外部の専門家から知識や経験を得ることも可能です。