相続

相続の取り扱い分野

遺産分割、事業承継、遺言作成、遺言執行、遺留分、相続放棄、相続財産調査、相続人調査、相続財産管理人の選任申立て、特別縁故者申立て、不在者財産管理人の選任申立て、失踪宣告の申立て等

相続でお悩みの方へ

気持ちまで解決します。

よつば総合法律事務所では、ご依頼者のお気持ちを含めて、解決に臨みます。単なる形だけの解決でなく、質の伴う解決となるように、尽力いたします。

よつばで相続を依頼するメリット

メリット1経験豊富な専門家チーム
経験豊富な専門家チーム
よつば総合法律事務所では各分野のエキスパートが揃っており、相続の問題では相続対応チームの弁護士が対応致します。
メリット2単純明快な費用体系
単純明快な費用体系
よつば総合法律事務所の費用体系は単純明快かつリーズナブルに設定されております。
メリット3他業の方との連携
他業の方との連携
相続の問題は、税金も絡んでくることが多いのですが、よつば総合法律事務所では、相続税に強い税理士を紹介することが可能です。また、不動産の売却や得た財産の活用等について、適切な不動産屋さんをご紹介できます。このようによつば総合法律事務所に、相続の問題について法律問題を含めた、様々な問題も解決します。

相続 解決事例

相手が話し合いに応じてくれない

ご依頼者が、遺産を分けるための話合いを持ち掛けても、相手の相続人は何かと理由をつけ応じてくれない状況が続きましたが、弁護士が間に入り遺産分割手続きを引き延ばすことのデメリットを伝えることで、話し合いに応じ、調停を経ずに、遺産を分割することができました。

遺言を作成したおかげで相続手続がスムーズに

依頼人は自分の亡くなった後のことが心配でした。というのも、依頼人が亡くなった後に遺産分割に際して、娘の夫が口を出し、争いになってしまう可能性があったからです。依頼人は、自分の死がきっかけで家族にもめてもらいたくありません。そこで生前に遺言を作成し、執行を専門家である弁護士に任せることによって、相続に対する不安を取り除くことができました。

もう疲れた

他の相続人たちは、自分勝手なことばかり言って相続手続は進みません。その中に弁護士が入ることにより、ガラリと流れが変わり、解決に向かって進み、一方で依頼者は心労が軽減されたとして、ほっとされておりました。心労が重なっては、気持ちよく眠れなくなってしまいます。

ご依頼者さまの声

40代・女性
初めての相談で不安もありましたが、とても丁寧にご対応いただき、この先どうしたらよいか、気をつけたほうが良いことなど、わかりやすく説明いただきとても安心いたしました。
今後も何かありましたら相談させていただきたいと思います。本当にありがとうございました。
50代・男性
4年以上にわたる長い裁判で先生方には大変お世話になりました。
熱心で誠実な支援があったからこそ闘い抜くことができました。
裁判結果も大変満足です。本当にありがとうございました。
50代・男性
法律の専門家から率直な意見が聞け、方向性がはっきりしたに立証するための具体的な証拠私の認識とは全く異なっていた。推定や推測の論理は裁判では通用しないということ。
費用対効果の話は正直誠実であると感じ、信頼できる方々に相談することができ、本当によかったと深く感謝しています。

費用について

分かりやすい料金体系。安心してご相談ください。

お見積りは無料です。「相談、依頼したらいくらになるの?」と電話又はメール にてお問い合わせください。 担当弁護士が回答いたします。

初回相談料 無料
弁護士相談料
初回のみ相談料0円
着手金
案件により異なります。詳しくはご質問ください。

相続に関する弁護士費用へ

相続 Q&A

Q1.いつ相談すればいいか分からないのですが…
A1 早期の相談は、早期の解決につながります。相談頂いた結果争いにならずに解決できる場合もございます。相談していいレベルなのか分からなくても、まずはお問い合わせください。
Q2.他の相続人とは疎遠で住所が分からないのですが、どうすればよいでしょうか?
A2 たとえ、相続人の中に疎遠な方がいらっしゃっても戸籍を追っていけば、疎遠な方の住民票記載の住所は調査可能です。それでも住民票記載の住所に住んでおられなくて、生死不明の相続人がいる場合には、不在者財産管理人制度を利用すれば、相続手続きを進めることができます。
Q3.他の相続人から遺産分割協議書というものが届きました。良くわかないのですが、不仲になりたくないので署名・捺印をしてもいいですか。?
A3 良くわかないまま送付された遺産分割協議書に署名・捺印することは止めましょう。後から署名・捺印したことを撤回することが困難となってしまいます。
Q4.何年前に亡くなった父名義の不動産があるのですが、どうすればよいでしょうか。?
A4 たとえ不動産の名義が変わっていなくても、不動産の相続は生じております。質問者様がご存命なうちにお父様名義の不動産の名義は、変更しておくべきです。このまま放置すると、数次相続発生し、利害関係人の数がとんでもないことになってしまいます。