三井 伸容 インタビュー

三井 伸容

Nobuhiro Mitsui

三井 伸容 弁護士プロフィール

よつば総合法律事務所を就職先として選んだ理由を教えてください。
この事務所に入れば、自分のやりたい仕事ができると思ったことが一番の理由です。

司法試験合格後、弁護士になったら専門性を持ちたいと漠然と考えておりましたが、いまいちピンとは来ていない状況でした。

そんな中、当事務所の事務所説明会に参加した際に、代表の大澤が「実際に色々な事件をやってみないと、自分が取り組みたい分野や向いている分野はなかなか分からない。」「そういうことは、まずは色んな事件をひととおり経験した後に考えれば良い。」といった話をしていて、単純な思考回路の私は「確かにそうだな。」「ここなら自分のやりたい仕事が見つかるかもしれないな。」と思った記憶があります。

また、「仕事」が将来自分の1日の多くの時間を占めることから、自分にとって居心地が良い場所で働きたいとも考えていました。そのため、複数の事務所説明会や面接に参加した上で、事務所や他の弁護士の雰囲気も重視し、「ここだ!」と決めました。

現在の仕事内容を教えてください。
通常の弁護士業務として、建物明渡等の不動産に関する事件、交通事故、中小企業法務(債権回収、企業間の紛争、契約書チェック、使用者側の労働事件)などを主に取り扱っています。所内の他の弁護士と比べると、顧問先の中小企業法務に関する業務の割合が高く、中でも使用者側の労働事件の取り扱いが比較的多いと思います。

ある程度一人で事件の対応はしていますが、難しい事件などの場合には、他の弁護士に適宜相談したり、一緒に受任したりして進めています。また、あまり一般的ではなく、高度の専門性が必要な分野を受任することになった際には、外部の弁護士と共同して事件を行うこともあります。

また、通常の弁護士業務以外にも、外部の他士業の勉強会や会合の場などで研修やセミナーの講師をすることも最近は増えてきました。

なお、所属の千葉県弁護士会松戸支部では、市民サービス委員会に所属しており、中高生を対象とした模擬裁判や、市民の方を対象にした法廷傍聴会などを他の事務所の弁護士と一緒に開催しています。

専門分野について教えてください。
専門分野と言い切れるほどには至っていませんが、私は使用者側の労働事件の取り扱いが所内で一番多く、今後もこの分野の経験を積んでいきたいと思っています。

特に学生時代から労働事件に興味があったというわけではないのですが、司法試験の選択科目が労働法選択であったこともあり、自然に労働事件を取り扱うことが多かったのが取り組み始めたきっかけです。

当事務所は地域密着でやっており、地元の中小企業や、税理士、社会保険労務士などの他士業の先生方とのお付き合いが比較的多いため、使用者側の労働事件が常に一定数あります。そこで、大澤に「労働事件を主に取り扱っていきたいので、どんどん一緒にやらせてほしい」と打診し、その結果、今のような状況となっております。

最近は、他士業の先生から、弁護士個人として使用者側の労働事件のお客様をご紹介いただくことも増えてきています。地元の皆様にも少しずつ認知していただけているのだとしたら、とてもうれしいです。

弁護士業務におけるやりがいについて教えてください。
弁護士の仕事は、大変な面も多いですが、それ以上にやりがいがある仕事だと思います。

弊所では、各弁護士が、ひとつの案件について最初から最後まで主体的に関わることが出来ます。そのため、難しい事件を何とか自分の力で解決したときの達成感や、依頼者から自分個人に対してご丁寧に感謝の言葉をいただけたときの感動は大きいです。

また、最近特に感じるのは、顧問先の企業様など、継続的な関係を築ける方と一緒に仕事をしていくこともやりがいです。私は、上でも書いたとおり、使用者側で労働事件のご依頼をいただくことが比較的多いので、その後も顧問弁護士として継続的にご契約いただけることがあります。一緒に悩みながら問題を解決してきた経営者の方や担当者の方とは既に信頼関係が築けていることが多いので、その後も一緒に仕事ができるのはとてもやりやすく、自分にとって身近でかつお世話になっている人のお役に立てるという意味でも、よりやりがいを感じることができます。

業務分野・専門分野について悩んでいる修習生に伝えたいことはありますか。
「弁護士にも専門性が必要」と最近よくいわれていますので、悩んでしまっている修習生の方も多いかもしれません。おそらく私もその一人だったと思います。

業務分野によって好き嫌いや向き不向きがおそらくあると思いますので、実際に仕事をやっていく中で見つけていくとしても問題ないと思います。もしくは、思い切って先に決めてしまい、あとはひたすら突き進むというのでも別に問題ないでしょう。思い切って決めてしまうほうが取り組むのが早い分、成長のスピードも速くなるというメリットはあります。

また、法律の分野だけで区切るのではなく、見方を色々と変えてみても面白いかもしれません。顧客企業の「業種」で専門性を考えてみたり、自分の過去の職歴や経験などのバックグラウンドを生かしてみたり、さらには趣味から何か専門性を持てないか考えてみたり、色んな方法があると思います。

こうやって考えてみると、何となくワクワクしてきませんか?色んな選択肢があると思いますので、悩んでしまうようであればあまり焦る必要はないと思います。実際に事件に取り組んでみたり、事務所の先輩弁護士にアドバイスを決めながら決めていけばよいのではないでしょうか。

今後の目標を教えてください。
お客様やご紹介元のご期待に沿えるよう自分の専門性を高めていきたいと思います。現状としては、中でも使用者側の労働事件に力を入れていきたいと思います。事件を経験するのはもちろん、今後も継続的に、最新の書籍や判例雑誌・実務雑誌のチェック、外部の勉強会・研究会への参加、所内での事例検討などを欠かさず行っていきたいと思います。

また、上にも書いたとおり、顧問契約といったかたちで継続的な関係を築けるお客様が少しずつ増えてきましたので、そのようなお客様のお役に立てるような提案をこちらからどんどんしていけるようになりたいです。そのためには、企業に関わる法律問題について幅広く研鑽を積み、自分ができることの幅を広げていきたいと思います。

さらには、事務所の弁護士の数も比較的多いので、所内での有益な情報交換にも力を入れていきたいと考えています。現在でも所内で気軽に特定の分野の相談や情報交換ができるよう所内チャットなどを利用していますが、今後も改善を続けていきたいと思います。

これから応募される方へのメッセージをお願いします。
当事務所では、弁護士としての自分の方向性を考え、高めていく上で必要な環境が整っていると私は思います。

また、当事務所の弁護士や事務局の雰囲気を少しでも多くの方に知っていただきたいと思います。私はきっと気に入っていただけるのではないかと思っています。

まずは、是非、当事務所の事務所説明会にご参加ください。そして、その場に参加している弁護士や事務局に遠慮なく色んな質問をしてみてください。

将来お仕事をご一緒できることをとても楽しみにしています。