未払い賃金請求問題 弁護士に現状と対策を聞く

掲載紙面
物流Weekly

物流Weeklyに掲載されました。

当事務所の弁護士 三井伸容2019年3月20日付の物流Weekly「未払い賃金請求問題」の取材記事が掲載されました。

「最近の傾向として、残業代に関する取り決めなど、そもそもの契約内容に関わるトラブルが散見される」とし、いまだに雇用契約書をはじめとした書類整備ができておらず、口頭で説明を済ませてしまう企業もあり、こうしたケースでは労務トラブルとなった際に大きな金銭的痛手を被りやすいという現状を指摘。

訴訟トラブルに発展する雇用契約・賃金規定・労務時間管理制度などの整備をお勧めし、労務トラブル自体の防止とトラブル発生時における準備の差についてもお話させていただきました。